本文へスキップ

母は、断崖絶壁の岩場に行って岩茸を採ります

電話でのお問い合わせは0494-54-0981

メールでのお問い合わせはこちら

母が初めの岩茸採りの達人でした


母と岩場

一番最初は、うちの母が岩茸採りの達人で山菜採りに行った帰りに岩茸を採って来ました。まさか、母がこんな危険な作業をしているとは気がつかなかったのですが、犬の散歩のついでに私もついて行ったのですが、初めてこの光景をみたときにはびっくりして動けなかったものですよ。巨大な岩場のパワーに自分の気が勝てないのですよ。ですから、この岩場をみたとたんに気がひけちゃって。。。人間って経験したことない恐怖を身近にみると体が動かず。。。この撮影も腰が引けて撮影していた記憶があります。


岩場の岩茸

岩場にある岩茸を初めて見たときは、「これなに?」ん?「食べれるの?」ってな感じでした。乾燥している時に岩茸を採ろうとするとボロボロとくずれてしまっていて、こんなの食べれるのだろうか?ていうのがまず頭によぎりましたよ。だって、手に取ろうとするとボロボロと粉になってしまって全然採れないのですから。。。慎重に採るのですが、時間がかかって、1個3分以上はかかっていたかな?ずっとこの場にいると時間なんかあっという間でしたよ。


乾燥している岩茸

岩茸って乾燥していると、下から見上げると、ちょっとねじれていて黒い蝶みたいにも見えました。いくつもいくつも同じ岩場に群れておりましたよ。大きさもバラバラでどのサイズがどのくらいの年数なんかって全然わかりませんでしたね。まさか、これを足場の悪い雨の日とか、雨上がりの日に岩茸採りなんて思ったのが不思議に思うくらいですよ。高山って危険なのは雨だけじゃなく、虫たちも結構危ないのがたくさんいるのですよ。それを知らないと大変な目にあいますよね。



ショップ情報

岩茸「イワタケ」販売店

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野959-1
TEL.0494-54-0981

info@suginoko.moo.jp
→ショップ案内

inserted by FC2 system