本文へスキップ

雨上がりの山で出会った洞穴

電話でのお問い合わせは0494-54-0981

メールでのお問い合わせはこちら

雨上がりに行った岩茸と謎の洞穴


雨上がりの山

雨上がりの山を見ると、ちょっと恐怖がよぎるような感じがいたします。雨が上がるとまだ、山の斜面等はとても滑りやすく足場を確認しないと、すぐに滑ります。しかし、こんな天候の時は、気圧をみてから今後晴れそうな感じの時は岩茸採りには最高の日になるでしょう。近年の時計は気圧計までついているのでとても便利で正確です。山歩きをする人は必ず1つは持っていた方がいいと思いますよ。



柴犬と洞窟

標高1500mの岩場の下に洞穴があったのですが、なんだか人が住んでいたような?それとも少しの間ここに生活をしていたのか?てな感じで、鋭利な石やお皿代わりにしていたような石がありました。うちのワンコも人の気配がしていたのか、しばらく気にしながらこの洞穴を覗いておりましたが、匂いをしばらくかいだら気が済んだのか?山の方へ向かって走り始めたので私も山の方向へ行きました。



岩場の下の穴

大きな岩場の下には自然にできた穴が開いているときがあります。中をよく見てみると動物がさっきまで寝ていたように落ち葉がきちんと敷いてあるような感じの時があります。ちょっと奥の方まで入ってみると、この中で過ごすのも悪くないような感じに見えますが、ここで夕方まで待機していると、きっと動物がいつものように戻ってきて寝ようとするに違いありません。ここは、鹿・熊・狸等の寝床には最適かと思いました。


柴犬と岩茸

うちのワンコはどういうわけか、小さいころから高い場所が得意で岩茸採りにつれていくのですが、こんな感じでいつも見ております。なにげない感じで撮影しましたが、この場所って結構危ないような場所ですが、ワンコにとってはへっちゃらみたいです。慣れというものは恐ろしいものでどんな場所でも、爪がかかれば岩場に来てしまっております。頭も賢く、ここは絶対に無理だろうと思うような場所でも時間が経つといつのまにか近くにいるものです。


岩茸

これが岩茸が群れている光景です。このようにイワタケはびっしりと群れていて雨が降ると大きくなり採りやすくなります。岩場は濡れているととても滑りやすく危ないのですが、そこはロープを巧みに使いこなしこの定位置まで下りて行き岩茸をゲットします。このような状態の場所を登ったり下がったりしながら採取してくるのです。何度かやるとやめられないのですよね。



ショップ情報

岩茸「イワタケ」販売店

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野959-1
TEL.0494-54-0981

info@suginoko.moo.jp
→ショップ案内

inserted by FC2 system