本文へスキップ

渡り蝶に出会った時の岩茸採り

電話でのお問い合わせは0494-54-0981

メールでのお問い合わせはこちら

渡り蝶を探していれば岩茸に出会える


アサギマダラ

この綺麗な蝶はアサギマダラといって南の島から気流に乗って飛来してくる珍しい蝶です。飛び方も普通の蝶と違って風に任せてスイースイーと飛ぶ感じでとても優雅に見えます。アサギマダラもどこにでも飛来するというわけではないようで、岩茸の岩場となんらかの関係があるのかわかりませんが、たまに見かけております。とても美しいのでいつまでも見てしまうほどで、そっと静かに手を差し伸べても、あんまり逃げない蝶なので可愛いですよね。


落石の多い岩場

岩茸がある岩場って落石が非常に多くとても危険との背中合わせとなります。晴れているときは岩場の石も安定していていいのですが、突然の雨とかになると非常にやばい状態になってくると思います。岩茸がある岩場って全体に亀裂が入っているので、そこに雨水が侵入すると落石する確率が非常に高くなります。それをわきまえていないと、採りに夢中になって上を見ていないと知らない間に石が落ちてきて大事故になると思われます。


あと少しの岩茸

岩茸採りで注意しなければいけないのは、採っていると、あとちょっとであの大きいのが採れるんだけどな?って感じで無理に採らないことです。自分の能力をすぎてその岩茸に近づこうとすると、あっというまに滑落してしまうからです。昔から岩茸採りの人達のことを「採り子」というのですが、もう、数えきれないほど滑落してお亡くなりになっておりますが、人間には欲というものがありまして、こんな場所でも慣れてくると欲がでてくるものなのですよね。


ロープの使い方

私は、登山ロープを使って岩茸採りをするのですが、支点を決めたら、そのロープは支点からたるませるというような行為は絶対にしないということです。支点から振り子の範囲だけの岩茸を採っていく方法を採用していて、それで無事にいままできております。めんどくさくても届かない岩茸は支点を変えて再度挑戦するといった形をずっととってきました。ロープもあくまでもお守り程度で岩場では半重をかけながら巧みに岩場を移動しております。


岩場のワンコ

私が岩茸採りをしているとワンコは岩場の一番上で上から下を見下ろしたり、何らかの獣が近づいてくるとそちらの方向をみており私に知らせてくれております。犬は人間より嗅覚・聴力はとても良いので気流に乗ってきたわずかな匂いを感知してそちらの方向を見ていると思われます。普段は何気ないワンコですが、山に入ると別物のように第六感を働かせて機敏に動き回ります。本来持っている力が開花されているような雰囲気にみえてしかたがないです。ワンコを連れて山に入ること10年以上ですが、何度か犬に助けられております。



ショップ情報

岩茸「イワタケ」販売店

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野959-1
TEL.0494-54-0981

info@suginoko.moo.jp
→ショップ案内

inserted by FC2 system