本文へスキップ

岩茸採りの道中の生き物たち

電話でのお問い合わせは0494-54-0981

メールでのお問い合わせはこちら

岩茸採りに出会った素晴らしい生命


野鳥のヒナ

岩茸採りの岩場を探している獣道の道中には様々な生き物たちが何気なく暮らしております。春先に道中で草むらがガサゴソ動いているので何やら見ていると可愛いヒナが親鳥とはぐれたみたいでチョコンとしておりました。手にとっても震えてはおらず、こちらをジッとみておりましたので、思わず撮影をしてしまいました。辺りをみても親鳥の鳴き声もしないので、どうしようか迷ったのですが、私には育てることができないので自然に返しました。強く生きて行ってほしい!


春ゼミの集団

高山の岩場に行く途中には6月末頃になると春ゼミが一斉に羽化して山の中の大合唱が始まります。それはもう、一言では言えないくらいの蝉の鳴き声が響きます。一つの木にはいくつもの春ゼミの抜け殻があり、これをみると山に春が来たな!?って毎年思います。岩茸採りをしている岩場にも、このセミの成虫が鳴きながら落ちてくるようなこともたまにありますが、それだけ群れているということです。あちらこちらに蝉がいるので岩茸採りに集中できないこともたまにありますよ。


絶壁の岩場

岩茸採りの絶壁の岩場は、一度滑落したら二度と助からないような危険な岩場ですが、もう10年以上もこの岩場と向き合っていると芸術的な風景にも見えてきます。なんか、岩場がないと山に来た感じが自分自身でしないというか?岩場マニアになってきているような自分がいます。岩場の魅力は、今!ここの絶壁の場所には自分しかいない!という恐怖と魅力とが一緒に来るので自分だけの世界にひたれることの楽しさを体が覚えてしまうのです。何の世界でもそうですが、追及するということをしている人は同じような思いをしていると思います。そうすることで自分のオーラを上げて行っている人が全国で形は違っていてもたくさんいるでしょう。


蝶の求愛

これは山で見た蝶の求愛のシーンですが、♀が葉に止まっていて、お尻を上げていて♂を待っている姿です。このシーンを見たのは初めてですが、こんな感じで蝶の求愛はしているのですよね。なんとか撮影に成功しましたが、こういう小さな生き物の感動するシーンを見ていると元気が出てきます。これから岩茸採りの岩場に向かったのですが、さほど疲れず、逆に小さな生命のエネルギーをもらって、がんばって岩場で岩茸採りをしてきました。


アサギマダラ

高山にいたアサギマダラの蝶ですが、この蝶は渡り蝶なので、ある一定の季節しかここにいません。この美しい蝶を見ると毎年元気が出ますね。昆虫系も個人的にはとても好きなので撮影のチャンスがあったらカメラに収めておきます。人がいないような、または立ち入らないような山の場所を歩くと様々な生き物たちと出会い感動をすることがあり、自分自身それをエネルギーに変えて岩場にて頑張っております。命のある限り山を歩こうとしてる自分です。



ショップ情報

岩茸「イワタケ」販売店

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野959-1
TEL.0494-54-0981

info@suginoko.moo.jp
→ショップ案内

inserted by FC2 system