本文へスキップ

山菜の女王と呼ばれているコシアブラ

電話でのお問い合わせは0494-54-0981

メールでのお問い合わせはこちら

山菜の女王コシアブラはとても美味しい


コシアブラの木

これが山菜の女王と呼ばれているコシアブラの木です。コシアブラの木は小さい木から大きい木までたくさんありますが、大きいものになりますと高さ15m位にもなる巨木があります。この木を見極めるのは慣れていないと難しく、ある一定の条件を満たしていないとこの木は生息しておりません。私は結構山を歩くので、この木を見つけた時は感動してしばらく木をさわっていましたよ。標高も高く霧が多く発生して雪が吹き溜まる場所にあるでしょう。


コシアブラの木肌

コシアブラの木肌は、ブナの木に似ているのですが、大人の木と子供の木の木肌が少し違うので見極めるのは大変ですが、慣れてくるとわかるようになってきます。よく園芸店で買ってきたコシアブラの木を庭に植えて観察している人がいますが、山にいって見つけようとしても結構わからないものなのですよね。何故かといいますと、生息環境が違うので木肌が違ってきちゃうのですよ。画面を見ればわかるかと思いますが、白いようなものがあって、ちょっとブツブツしているような感じなのですが、このエリアって似ている木がたくさんあってよくわからないものです。


新芽

コシアブラの新芽はこんな感じです。茎の部分は赤く葉が開く前か画像の状態がいいでしょうね。あんまり大きくするとアクが強くなるので新芽を摘むようにいたしましょう。親木はとても大きくて採れないので子供の木を探して採るといいでしょう。この木は、雪に対してしなるようになっているので、木は結構曲がってくるので、曲げてから新芽を採ってそれから木を離せば「ビヨーン」って戻っていきます。



香りが良い

コシアブラの新芽はとても香りがよく、惚れ惚れするくらいの良い香りがいたします。この香りが素晴らしく山菜の女王とまで呼ばれている理由がわかります。これを採りに行ける人は足腰が達者な人でないと無理で、今の時代ではなかなかいないと思いますよ。よく天然のコシアブラって売っておりますけど、苗木を畑にたくさん植えてその一番芽を売っている地方がありますが、それって天然って言えないのですよ?山で乱気流の中で生息しているコシアブラの香りには勝てることはないでしょう。


コシアブラの天ぷら

コシアブラの料理で有名なのがシンプルにいただく天ぷらでしょうね。天ぷらにしてから塩でいただくと、ものすごい香りとほろ苦さがなんとも言えなく美味しい!これを一度でも食べてしまうと毎年食べたくなるほど、ものすごい山菜です。私の友人にもおすそ分けしているのですが、コシアブラにはまった人がとても多いです。このコシアブラの季節は5月の15日〜30日くらいの期間なので、食べてみたい人がいたら連絡してください。本物のコシアブラをお安くご提供はできるかと思います。岩茸の岩場のエリアと違った方向になるため、この山菜だけ採りに行くって感じになってしまうので無料とは言えないのでご了承してください。

コシアブラの季節:5月15日〜5月30日
連絡メール:info@suginoko.moo.jp
お電話:0494-54-0981
担当:宮崎 義彦
レシピ:天ぷら・炒め物・炊き込みご飯・胡麻和え・パスタに良い!



ショップ情報

岩茸「イワタケ」販売店

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野959-1
TEL.0494-54-0981

info@suginoko.moo.jp
→ショップ案内

inserted by FC2 system