本文へスキップ

崩壊している岩場は難所だが楽しい

電話でのお問い合わせは0494-54-0981

メールでのお問い合わせはこちら

崩壊している岩場は難所だが楽しい


滑りやすい岩場

今回は、更に岩場の奥にいくと、とてつもなくでかい尖った岩場が見えてきた。その上はとても滑りやすいので慎重にロープを張り、裂け目から降りていくと、尖っている岩場の半分は崩壊していた。おそらく地震が来た時や大雨が来た時に滑り落ちたのだろう。まだ、裂け目の部分が新しいので気をつけなければならない。崩れた部分の近くの岩場が今にも落ちそうなのがゴロゴロしている。あれが落ちてきて、こちら側に当たったら命の保証はないだろうな。


難所の場所の岩茸

この岩場の高さは、かなりのレベルなので、もちあわせのロープではとても足りない。岩場全体を頭に入れて一度張ったロープで移動できる範囲まで行って自力で降りれる部分を探す!なんとか探しだし、岩茸をある程度採ったら、その部分から更に下がって行きロープを張りなおして採りはじめます。それでもたりないくらい大きな岩場で滑りやすいので慎重に作業をするが、全部が確認できないのでワクワクしている自分もいる。



手のひらサイズの岩茸

大きな岩茸の群れなので手のひらを置いて撮影してみた。今回の岩場にはこれだけ大きなイワタケがゴロゴロしていたので採りやすかった。大きなサイズがあると、こちらもワクワクして楽しいものです。岩茸の岩場って濡れるととても滑りやすいのですが、慣れてくると足場の置き方もわかってくるので、慎重に行っていれば楽しいものなのです。これを、初めてやると、まず、その場から動けなくなり、どうしていいかわからなくなってしまうでしょうね。


大きな岩場

これは崩壊した岩場の場所ですが、上の部分が落ちてしまっているので段差ができております。下に降りてくるとロープをかける場所もないので自力のクライミングで岩茸を採っていきます。この下側も高さ300m以上はある岩場なので注意が必要となってきます。滑りはじめてしまったら下まで落下するしかないでしょうね。こんな危険な岩場でも野鳥がたくさんくるのでさえずりを聞いているとすごく癒されます。


大量の岩茸の群れ

崩壊している岩場も崩壊していない部分を探せば岩茸があり、それを見つけて採るのが楽しく、岩場全体を制覇した時は、自分が成長したように感じられます。個人的には、この岩場のてっぺんにテントを張り2〜3日過ごしてみたいような時があります。まだ一度も経験したことはないですが、すごい光景でしょうね。乱気流の場所なので雨の予報などがあれば、その夜は眠れないかと思いますが。。。。
今回も大量にゲットできてよかったです!



ショップ情報

岩茸「イワタケ」販売店

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野959-1
TEL.0494-54-0981

info@suginoko.moo.jp
→ショップ案内

inserted by FC2 system