本文へスキップ

岩茸がある岩場に蜂の巣があった!

電話でのお問い合わせは0494-54-0981

メールでのお問い合わせはこちら

岩茸がある岩場に蜂の巣があった!


チャート系の岩場

こんな感じの岩場からストレートにロープを使って降りていきます。ここの岩場ってものすごくでかいのですが、全体に岩茸が群れているのではなく、あちらこちらに群れているので岩場を移動しながら岩茸を探してゲットしていくのです。この作業をしていると体中の筋肉を使うので疲れたら岩場に張り付きながら体力を回復してから岩茸を採ります。画像を見てもわかるかと思いますが、安全なロープの使い方ではないですね。


狭い岩場を移動

岩場の高さは50mくらいはあるかと思いますが、300mに比べれば楽な方です。こんな場所でも間違って落ちれば命の保証はないでしょうね。こういった場所を移動しながら岩茸を探してゲットしていきます。私のロープの使い方は、ロープを振り子のように使いながら岩場を移動していきます。この岩場は雨が降った後は、ものすごく滑るんですよね〜〜。



落ちそうな岩場

岩場を移動していると、こんな岩場に遭遇するのですが、この岩場は雨が降って、その水の重さで重くなると落ちてくるんですよ。これが落ちたらものすごい音がするんですよね。山全体に「ドシャンガラガラ・・・」ってな感じです。こういった岩場を見ると緊張はするし、通過しても何度も見てしまうんですよ。雨が降っていなくても油断はできないような状態で岩場がそこにあるので・・・


岩茸が群れている岩場は危ない

岩場を移動しながらいくと画像のようにイワタケが群れておりますのでゲットしてどんどん移動します。この採っている作業中は疲れを忘れて楽しい瞬間となります。右側の岩場の色が違うのは、大きな岩場が滑り落ちたのです。まだ新しいから気を付けないとえらい目に遭いますからね。こういった岩場を何度もチャレンジしていると怖いことが多いですが、楽しいこともあるものです。


岩茸の場所の蜂の巣

イワタケがある岩場にこうやって蜂の巣があるときがありますが、このハチも自然を利用したのだと思います。岩茸って雨が降るとすごくでかくなるんですよね。それによって横雨がしのげるって感じになっております。晴れると岩茸は小さくなるので、そういったことを利用しているのだと思います。これは女王蜂なので、もうすこししたらハチがたくさんいるので岩茸とりに夢中になって採っていると蜂に刺されるってこともあるのでしょう。



ショップ情報

岩茸「イワタケ」販売店

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野959-1
TEL.0494-54-0981

info@suginoko.moo.jp
→ショップ案内

inserted by FC2 system