本文へスキップ

断崖絶壁の岩茸採りは、命がけです

電話でのお問い合わせは0494-54-0981

メールでのお問い合わせはこちら

断崖絶壁の岩茸採りは、とても危ない場所iwatake

岩茸

岩茸採り

岩茸「イワタケ」採りは、断崖絶壁の岩に着生しており、これを採りに行くのも命がけの状態となります。岩はチャート系でとても崩れやすく、足場を少しでも間違えるととても危険な状態となります。あらかじめ岩茸が付いてそうな岩を見て、その岩に向かってひたすら獣道を使って歩いていきます。通常の人は、この獣道を歩くと山に迷ってしまって遭難してしまいます。この獣道は山の動物達が使いやすいように通っているためその動物達の目的が何かを知らないと迷います。要は、岩に向かっているときは一本道に感じるのですが帰りになって同じ道をたどってくると、分かれ道になっているので、それを間違うと、とんでもないような場所に行ってしまうのです。山歩きが達者な方でも間違いなく迷います。今では、この岩茸「イワタケ」を採れる人は全国でも数えるほどとなっております。

岩茸の岩場

岩茸採りは命がけ

岩茸「イワタケ」採りをしていると、毎年、ベテランの私でも遭難しそうになることがございます。それは、岩に向かっていて岩茸を採っていて帰ろうとしたときに、急に天候が変わり、あたり一面が濃い霧にまかれることがございます。標高が高い場所では、この霧が信じられないようなスピードで迫ってきて、しかも濃い霧なのでこれに包まれたらどうにもならないような時がございます。あと、突然雨が降ってくる時があるのですが、岩茸の岩場は全体に亀裂が入っているので、そこに雨が入ってくると100kg以上の岩が予測なしにいきなり落ちてくる時があります。たまたまロープを持っていたので絶壁まで逃げましたが、その場にいたらペチャンコになりそうになった経験は何度もあります。こい霧に囲まれたらワンコが私を車の場所まで丁寧に連れてってくれます。犬は山に行くと本来持っている力を発揮してくれます。もう、15年以上も岩茸採りをやっておりますが、毎回、何が起きるか予測できないので、いつ命が無くなってもおかしくないような状態なので、まさに命がけとなります。野生の動物たちは、自然に逆らわずに生きておりますので、山に入ったら彼らのように自然の力を予知するような能力がある程度必要となるでしょう。


ショップ情報

岩茸「イワタケ」販売店

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野959-1
TEL.0494-54-0981

info@suginoko.moo.jp
→ショップ案内

inserted by FC2 system